かんたんで複雑な、ウェブサービスの作り方を紐解くブログ

CMSの選び方:無料のCMSか、有料のCMSか?

Programming
2021/07/17

ブログ記事の作成などを、プログラミングの技術がなくても誰でも利用できるようにするのがCMS(コンテンツ管理システム)です。 CMSを選ぶ上でポイントとなるのが、Wordpressなど無料で利用できるCMSを利用するか、特定の企業がライセンスを保持し、利用自体にお金がかかる有料のCMSを利用するかです。 今回はそんなCMS導入に関して、無料CMSか有料CMSかの観点からまとめてみます。

高機能にも対応!無料CMSのメリット・デメリット

無料CMSといえば一番代表的なところでWordPressや、Movable Typeなどが挙げられます。 無料CMSの一番のポイントは、やっぱり「ただ」なところ。特にWordPressに至っては無料でありながら多くの機能を保持しており、加えて豊富なプラグインが用意されていることから、単純なブログ更新だけでなく、お問い合わせフォームを付けたりなど、さまざまなことが実現できます。 またプログラミング言語的にも開発者数の多いPHPが利用されているため、一緒に開発するエンジニアを探すことも、それほど難しくはありません。 そのため、お金をかけず手軽にCMSを構築したい時には、無料CMSを選ぶことが多くなります。 ただ一方で、特にWordPressなどのように、オープンソース化され誰もが利用できるようなCMSの場合、そのセキュリティが問題となります。特に世界中ですでに利用されているWordPressでは頻繁に脆弱性が発覚しています。そのため、高いセキュリティが必要とされる場合には、無料CMSを選ぶことは難しくなります。 加えて、初期費用やライセンス費用がなく無料だとはいえ、脆弱性が発覚した場合のアップデートを行う度に追加開発、テスト、またプラグインなどを利用している場合動かなくなる場合もあるため、それらの追加開発も必要となってしまいます。 そのため、無料CMSを導入する場合はセキュリティ面や、運用時に必要となるコストを見越して、導入を決める必要があります。

安全性の高い有料CMSのメリット・デメリット

一方で有料のCMSのメリットとして第一に上がるのは、やはりその高い安全性となります。 基本的にはライセンス費・保守費がかかる形となりますが、脆弱性診断などのテストがCMSを提供するライセンス保有会社により定期的に行われていること、加えて仮に脆弱性が見つかった場合でもアップデートが行われていくため、安全性を維持しながら運用を行うことができます。 また、有料CMSを利用する場合、CMS自体を開発しているラインセンス保有会社から、合わせて開発に慣れたエンジニアや会社を紹介してもらえることも多々あり、安心して制作を進められる部分もあります。 ただやはりデメリットとしてはライセンス費や保守費などで毎月もしくは年間でお金がかかってしまうこと、また基本的には有料CMSなどの場合「与えられた機能の中で開発する」ことが必要となります。 仮に勝手にプログラムを書き換えてしまえば、例えライセンス契約を受けていてもセキュリティ担保の対象外となるため、有料CMS導入の際には、対象のCMSが持つ機能が、自社が求めているサービスや運用を行う上で必要な機能を保持しているかを、予めしっかり調べる必要があります。

最後に感想として

以上が、無料CMS・有料CMSそれぞれのメリット・デメリットです。 やはり単純な価格帯だけではなく、保有機能や安全性、また運用段階で必要となるコストなどを踏まえて、CMSを選んでいく必要があります。 読んでくださった方、ありがとうございます。