マーケティング

2/3ページ

不要な競争から抜け出す戦略策定とは?

  • 2018.10.17

誰でも聞いたことがある「戦略」という曖昧な言葉に関して「企業の業績を良くするためには高い価格の要求、低コストの実現という2つを実現する必要がり、それらを実現するためには企業の独自価値を提案し、企業の経済活動を最適化するしかなく、それらをまとめること」という形に定義した本でした。

儲けだけでなく社会への価値を同時に生み出すCSVとは?

  • 2018.10.17

企業は単体で存在できるのではなく、地域社会の反映の結果として利益を生み出すことができるという大前提に立ち返って企業の存在理由を書いています。 具体的には、企業は単なる金儲けをするのではなく、社会にとっても価値を生み出し、企業にとっても価値となる共通の価値(CSV=Creating shared value=企業の共通価値)を生み出すことと定義しています。

進化するAIとその中での人の役割とは?

  • 2018.10.17

本の構成が山中さんと羽生さんの会話ベースになっており、1つのテーマのみ話すというより、山中さんからはiPS細胞やDNAといった生物学的な観点を基軸として、日本人の思考法や人の寿命、能力にまつわる話しを、羽生さんからはアルファ碁やボナンザなど囲碁・将棋においてAIが進化する中で人がどのように生きていくべきか?という話しを、それぞれの方々の深い洞察力を基軸に話されていく本でした。

オンラインとオフラインを融合したマーケティング手法とは?

  • 2018.10.17

オンライン・オフラインの話しをする際、ほとんどは「オンラインのネットショップvsオフラインのリアル店舗」という対立構造で語られることが多いが、現在の新しいサービスの流れはオンラインとオフラインを融合させることによって、今までにない新しい顧客体験に基づくサービスを展開しているという潮流がまとめられています。

AIが集中して仕事を行うことで今後重要になる分散思考って?

  • 2018.10.11

何かひとつのことに集中する職人のようなひとや考え方が重要視される日本において、AIがより発展していく中で「集中して行う仕事」がAIや機械にとって変わられることで、今後次から次へと新しい思考へと移り変わる「分散思考」をもつことがいかに重要かを示してくれている本でした。