チームで答えを見つけだす。ファシリテーションの方法は?

チームで答えを見つけだす。ファシリテーションの方法は?

自分ひとりで答えをだすのではなく、客観的な立場から、チームや会議を支援するファシリテーション。ばらばらな意見をもつみんなから、成果が最大となるように、支援していくことが、その最大のしごととなる。

そんな心がまえに加えて、実際にファシリテーションを行う上で、進行をスムーズにする方法が、たくさんあること。それらの道具を、自分の得意な方法と噛み合わせて、うまく目的に合わせて使いこなしていくことで、ファシリテーションがスムーズに行われていくイメージが描かれています。

ありがとうございます!

本のまとめ

▼読んだ本は?

■ファシリテーターの道具箱

▼ファシリテーター・ファシリテーションってなに?

■自分で答えを出すんじゃなく、人と人の間の知的相互作用を促進する動き
【1】中立な立場で
【2】チームのプロセスを管理し
【3】チームワークを引き出し
【4】そのチームの成果が最大となるよう支援する

▼ファシリテーションに必要なことは?

【1】プロセスのデザイン
└「会議の目的」と「会議後の成果」から、会議の流れを決める

【2】場のコントロール
└感情的な対立も見分けつつ、議論をコントロールする

【3】かみ合わせる
└参加者を触発し、激励し、意見をかみあわせる

【4】合意形成
└全員が共有できる結論を出す。結論が出ない場合にどうするかも、会議の前に決めておくといい

▼ファシリテーションの方法:ウソつき自己紹介とは?

【1】それぞれが、人に話したいエピソードを3つ考える
【2】3つのうち、一つウソの自己紹介を入れておく
【3】自己紹介をした後、どれがウソかを他の人に当ててもらう

▼ファシリテーションの方法:他己紹介とは?

【1】知らない人とペアを組んでもらう
【2】5分間、ペアの相手にインタビューしてもらう
【3】その後、ペアの相手をみんなに紹介する

▼ファシリテーションの方法:マイブーム紹介とは?

【1】それぞれのマイブームを、3つあげてもらう
【2】紙を見せながら、チームのみんなに説明する
【3】チームの中で、ベストマイブームを選んでもらう

▼ファシリテーションの方法:グランドルール決めとは?

【1】会議をはじめる前に、会議のルールを参加者から提案してもらう
【2】提案内容をリスト化し、全員の賛同があるものをルール化する
【3】決まったルールを会議中は「グランドルール」として、会議室に貼っておく

▼ファシリテーションの方法:トークボールとは?

【1】円になり、ボールを持っている人から話しはじめる
【2】話し終わったら、次の人にボールをわたす
【3】ボールを受け取った人は、なにかを話す

▼ファシリテーションの方法:一言チェックイン・チェックアウトとは?

【1】会議が始まったら「いまの気持ち・会議で達成したいこと」をそれぞれ話す
【2】会議が終わったら「いまの気持ち・会議の結果」をそれぞれ話す

▼ファシリテーションの方法:Wants/commitmentシートとは?

【1】会議が始まったら「Wants(得たいこと)/Commitment(貢献できること)シート」を配る
【2】「これから、あなたが得たいことはなんですか?」という質問をもとに、それぞれ「Wants(得たいこと)」を書く
【3】「チームのゴールに向けて、あなたが貢献できることはなんですか?」という質問をもとに、それぞれ「Commitment(貢献できること)」を書く
【4】書き終わったら、それぞれ「Wants(得たいこと)/Commitment(貢献できること)」を発表してもらう

▼PREP法とは?

【1】P(ポイント)を最初に話す
【2】R(理由)を次に話す
【3】E(事例)を次に話す
【4】P(ポイント)を最後にもう一度話す
【5】参加者の発言がわかりにくい時は、「Rは?Eは?」のような形で、質問していく

▼n/5投票法とは?

【1】まずブレストなどで、アイデアをたくさん出す
【2】アイデアの数nに対して、その5分の1のシールを参加者に渡す
【3】参加者は、自分が持っているシールを、気に入ったアイデアに貼っていく
【4】シールの数が多いものから、議論していく

関連する記事