一人ひとりが望むものが違う中で、チームを形づくっていくには?

一人ひとりが望むものが違う中で、チームを形づくっていくには?

チームにおけるスケジュール管理、タスク管理、コミュニケーション管理ツールを提供するサイボウズ。そんなサイボウズの中で、サイボウズの考え方を伝えるメデイアであるサイボウズ式。

そんなサイボウズ式では、これまでの固定化したチーム管理ではなく、オンラインツールや雑談ミーティングを取り入れて、多様な価値観や働き方を実現するチームを形成しようと試みていること。

とくに、チーム一人ひとりの心理面や気持ちのあり方に軸足を起き、だれもが不安や恐れを感じることなく、発言や質問をできる関係性を構築する「心理的安全性の確保」に重点が置かれていることが、描かれています。

これから先の世界では、はたらく場所も、時間も、やることも多様化していく中で「一人ひとりが何を望んでいるかを理解し、一人ひとりが異なる責任を果たしていく」ことが、求められていくんだろうなと感じました。

ありがとうございました!

本のまとめ

▼読んだ本は?

■「未来のチーム」の作り方
■藤村 能光 (著)

▼サイボウズ式のチームの考え方は?

■100人100通りの働き方を目指す
■多様な人が集まり、お互いのスタイルを尊重しながらはたらく
■それぞれの「自分らしさ」を尊重しあう
■裏を返せば「自分がどうありたいか?」を自分自身で考える必要がある
■自由を担保することがチーム、ひいては企業価値を最大化させる

▼チームがうまくいくには?

■「心理的安全性」が確保されていること
■心理的安全とは、不安や恐れを感じることなく、発言や質問ができる環境や関係性のこと
■そのためには、失敗したことを含めて、自分自身を「ありのまま」にさらけ出すこと
■どんな些細なことでも、まずはチームに共有する姿勢をもつこと
■コミュニケーションツールを利用し、チーム内の情報格差をなくすこと
■チームがそれぞれの多様性を認められれば、メンバーから新しい切り口や視点の違う意見・アイデアが出やすくなること
■最終的な決定を行う「決める人を、決めておく」こと

▼サイボウズ式で行われている方法は?

■ザツダン
└サイボウズ内で行われる、「1on1ミーティング」のこと
└名前の通り、雑談を行ったりする

■コミュニケーションツールの導入
└コミュニケーションツール「キントーン」を利用し、密なオンラインコミュニケーションを行う

■プロジェクト掲示板の作成
└プロジェクトごとに掲示板を立てることで、みんなのやり取りを情報として、一箇所に集約していく

■KPI設定をほとんど行わない
└KPIを重視しすぎると、楽しさを感じられなくなるから
└サイボウズ自体が月額課金のサブスクリプションサービスのため「やめないでもらう」ことを重視して、企画をたてていく

■HELPスレッド
└わからないことは、どんな些細なことでもチームに聞けるスレッドを用意する

■スキルマップ
└「編集」「企画」「執筆」「WEB全般」など項目を決めて、本人にスキルの習熟度、今後向上したいスキルを記載してもらい相互理解を深める

▼チームリーダーに必要なことは?

■自分に対して、他人に対して素直であること
■「この人と一緒にチームを組みたい」と思われることが大事
■「仕事の状況」ではなく、「人の状況」を見ること
■自分が最終判断をするんじゃなく、その人自身にやってもらうよう促すこと
■理想をさげることで、小さな達成感を積み重ねてもらうこと

▼2つのリーダーシップの形とは?

■トップダウン型
└最初に理想やビジョンを掲げて邁進する方法

■ボトムアップ型
└メンバーから出てきたものを積み重ねて、目標達成を目指す方法

▼サイボウズ式の企画書の作り方は?

■5つをはじめに固める
【1】タイトル案は?
【2】想定読者は?
【3】読んだ後にどんなことを感じてもらいたいか?
【4】この企画をサイボウズ式でやる理由は?
【5】この企画をやりたい思いは?

関連する記事