相手も自分も大事にする、アサーションによるコミュニケーション

相手も自分も大事にする、アサーションによるコミュニケーション

仕事でも日常でも、人間関係を構築して維持していくのは、なかなか難しいもの。そんな人間関係の軸となるコミュニケーション方法に関して、単なる一方的な自己主張ではなく、自分も相手も大切にする表現であるアサーション。

アサーションでは、まず自分の意志や気持ちを確認し、その上で状況を伝え、提案を行っていく流れとなること。始まりは自分であり、そして自分が伝えたことに対して、相手が返してくれたことをしっかりと聞き取ること。

とはいえ、すぐに自分の気持ちを率直に伝えるのもの難しい。だからこそ、自分自身が自己表現してもいいこと。そして、それでも心配であれば、他の人が自分と同じ自己表現をしたらどう思うか?そうやって、視点を移して考えてみることの重要性が描かれています。

ありがとうございました!

■アサーション入門――自分も相手も大切にする自己表現法
■平木典子 (著)

▼アサーションとは?

■「自他尊重の自己表現」「自分も相手も大切にする自己表現」のこと
■「実用的な主張法」「自己主張」「言い方」ではない
■自分の考えや気持ちを確認し、正直に伝えた上で、相手の反応を受け止めようとすること
■互いの考えや気持ちの類似点や考えについて、きちんと表現した上で、互いに理解する
■理解しあい、気持ちが通じ合えば、同じ意見・同じ行動にならなくても問題ないという考え

▼人間関係における自己表現の3つのタイプは?

【1】非主張的自己表現
└自分よりも他者を優先し、自分を後回しにする自己表現

【2】攻撃的自己表現
└自分のことだけをまず考えて行動し、時には他者をふみにじることになる自己表現

【3】アサーション(アサーティブな自己表現)
└「非主張的自己表現」と「攻撃的自己表現」の間
└自分のことをまず考えたうえで、他者のことにも配慮する自己表現

▼「非主張的自己表現」の人の特徴は?

■自分の意見を言わなかったり、言えなかったり
■言っても相手に伝わりにくい
■「言ってもわかってもらえない」など、あきらめの気持ちが強い
■相手を優先し、自分を後回しにするため、結果として相手の言いなりになりがち
■相手と意見が違っても言わないため、無視されたり、誤解されがち
■例えば、家庭の事情があっても残業を引き受けてしまう、セクハラがあっても不快な思いを伝えられないなど

▼「非主張的自己表現」になるのはなぜ?

【1】その人自身の心の状態から
└相手への不愉快な思いや、相手と違った意見によるもめごとを避ける心理
└穏やかな人間関係を求めると同時に、他者とのやり取りに自信がない
└相手に合わせることで安心を確保しようとする

【2】社会的・文化的な影響から
└常識に従うことで、自分の尊厳や権利を無意識に否定する
└権威や経験に逆らうことで、集団や社会から排除されることを避ける

▼「攻撃的自己表現」の人の特徴は?

■気持ちを「はっきり言う」ことで自己主張する
■相手の気持ちは無視、結果的に自分のことを相手に押し付ける自己表現
■やさしく丁寧な言葉でも、相手を自分の思い通りに操作しようとしていたら、攻撃的自己表現
■例えば、セクハラやパワハラは攻撃的自己表現の典型的な例
■相手を黙らせたり、同意させようとするため、孤立しがち

▼「攻撃的自己表現」になるのはなぜ?

【1】その人自身の心の状態から
└自分の考えは、正しくて優れているという思い込み
└自分の言い分を、絶対通したいという欲求

【2】社会的・文化的な影響から
└社会の常識や習慣から、無意識に攻撃的になる
└権威・権力・地位・役割などを利用して、自分の意見を通すために相手を操作する

▼アサーションをするには?

【1】自分の意見や気持ちを確かめること
└他者の意見を優先する前に、自分の意見や気持ちを確かめることに集中する
└あいまいな考えや気持ち、悲しさや腹立たしさにも気づくこと
└そのような考えや気持ちは、それはそれであっていい

【2】正直に言語化する
└明確な言葉でなくても「迷っている」「困っている」を含めて、正直な気持ちを言語化する
└例えば「行きたい気持ちと、行きたくない気持ち両方」を言語化する

【3】相手の表現を受け止める
└言語化して伝えたら「相手がどう受け取ったか?」を考える
└相手から返ってくる表現を待ち、聴くこと
└相手の存在を認め、相手を自分と同じように大切にしようとする

▼アサーションの実例は?

■見たいテレビがあるのに、電話がかかってきた時
└「非主張的自己表現」→そうね
└「攻撃的自己表現」→急に言われても、だめ!
└「アサーション」→見たいテレビ番組があるけど、今日じゃないとだめ?

■窓口に人がおらず、奥でスタッフが立ち話をしている時
└「非主張的自己表現」→黙って、ただ待つ
└「攻撃的自己表現」→おしゃべりして!どうなってるの!
└「アサーション」→お願いしますー

▼アサーションを行う順番は?

■順番
【1】自分の思いを確かめる(自分は、どうしたいのか?)
【2】事実や状況を共有する(相手と分かち合う事実はなにか?)
【3】提案を具体的に述べる(相手とどんなことができるか?)

■実例(スポーツジムの人との付き合い)
【1】グループの人たちとどの程度付き合いたいかを確認する
【2】関係を続けたいけれど、仕事で忙しいときも多いことを伝える
【3】3度に1度程度になるけれど、一緒にスポーツジムに行きたいことを伝える

▼アサーションをできるよう、ブレーキを外すには?

■「誰もが、自分らしくあっていい」と知る
└誰もが自分の気持ちや考えを持ち、個性を大切にして良い
└自分以外の、他の人も自分らしくあって良いということ
└1人になりたい人と、一緒にいたい人がいてもいい
└ただ違っているだけなのに、自分を卑下したり、劣っていると思う必要はない

■「誰もが、自分の気持ちや考えを表現してもいい」と知る
└自分の思いを表現してよく、自分の気持ちや考えを分かってもらおうとしていい
└自分の気持ちや意見を言うと、自分の思いがより明確になり、自己理解が進む
└多くの葛藤の積み残しや未解決の問題は、互いに思いを分かち合わなかった結果起こっている

■「人間は過ちや間違いを犯し、それに責任をとって良い」と知る
└人は過ちをおかすし、全部の責任を取れなくても、必要な責任を取ればいい
└償う、過ちを犯すことも権利だと思っていい
└例えば壺を割ってしまっても、きちんとそのあと謝ることが大事

■「他の人だったらどうだろうか?」を知る
└自分の個性や気持ちを出せなかったり、過ちが怖かったりしたら、他の人だったらどうだろうかと視点を移してみる
└自分がやったらだめだと思っても、他の人だったら大丈夫であれば、自分もそれをやってもいい可能性もある

▼仕事と日常でのアサーションの違いは?

■仕事の時のアサーション
└「タスク(課題)のためのアサーション」と呼ばれる
└目的や課題に沿った、情報や考えの分かち合いが必要
└課題を解決するためには、感情以上に文字や言葉、論理的な話し合いが重要になる

■日常生活でのアサーション
└「メンテンナスのためのアサーション」と呼ばれる
└人が平常を維持し、活動のエネルギーを回復するために必要
└言語的志向よりも、情緒的表現や感情的な表現が大事
└「困っている」「戸惑っている」といった気持ちを、表情や声の調子などから理解しあう
└例えば一緒にお茶を飲んで雑談したり、飲みに行ったりが必要

■2つのアサーションが完全に分かれているわけではなく、2つを行き来することが大事

関連する記事