まるでCSSを記述するように、 アニメーションを作成できるjQuery(実践)

まるでCSSを記述するように、  アニメーションを作成できるjQuery(実践)

jQuery利用のメリットの一つは「animate」メソッドにより、動きをつけたアニメーションを実施できること。そんあアニメーションの実施は、cssの操作を行うことで実現できること。

またhtml内に付与するclassを操作するさまざまなメソッドがあること。結果として、classの付け替えにより、多様な処理分岐ができることがまとめられています。

ありがとうございます!

本のまとめ

▼読んだ本は?

■jQuery最高の教科書
■株式会社シフトブレイン (著)

▼クリック時に、背景色を変えるには?

■「click」イベントを利用する

▼マウスが乗った時に、背景色を変えるには?

■「mouseover」イベントを利用する

▼マウスが外れた時に、背景色を変えるには?

■「mouseout」イベントを利用する

▼アニメーションで透明度とフォントサイズを変更するには?

▼アニメーションで透明度とフォントサイズを変更し、元に戻すには?

■「animate」「mouseover」「mouseout」メソッドを利用する

▼変数にCSSを格納し、関数にて実行するには?

■「var」を利用し、変数を格納する

▼条件分岐のif文の書き方は?

▼条件分岐のswitch文の書き方は?

▼繰り返しのfor文の書き方は?

▼表れたり消えたりするサイドナビを作るには?

■「toggleClass」「hasClass」メソッドを利用し、クラスを書き換える

▼スライダーを作るには?

■「each」メソッドを利用し、繰り返し処理を行う

▼スティッキーヘッダーの作り方は?

■「offset」で移動後の位置を取得し、「scrollTop」によるはじめの位置からの変化により分岐させる

▼タブの作り方は?

■「removeClass」「hasClass」メソッドを利用し、クラスの書き換えを行う

関連する記事